コトブキら

絵や日記。

細かさのバランス

 あまり語らないほうがいいかなとは思ってるんですが、あえて書きますw(なんかうざいし)

 

絵はもっとアバウトでいい。

 これはずっと思ってたんですよ。「ちょっと力みすぎじゃない?」って。まあわたしもよくやっちゃうんですけどね。絵って描いてれば技術は上がると思うんですけど、考えかたも大事かなと。

 

アバウトってどういうこと?

 なんかぼやっとした言いかたになっちゃいましたが、「適当に」とは違います。むしろ適当はだめですよ!w 例えば、指を1本1本丁寧に描くひといますよね。髪の毛とかも細かく描いたり…。それがあんまりよくないんです。なぜかというと、細かさのバランスが悪くなるんです。「ここは細かいのに、ここはおおざっぱ」ってなったらいけません。それが想像以上に目立つんです。そして「へたっぴ感」がすごいんですw

 

どうすればいいの?

 対策ですが、「意識しすぎないこと」ですw なにをって、「指はこうあるべきだ」とか「顔はイケメンじゃなきゃだめなんだ」とかです。まず大体のひとは段階をすっ飛ばして「すげえキレイな絵」を描いています。本来描けるレベルまで達していないのに、背伸びして上手く見えるポイントだけを描いてます(わたしもよくごかましてます)。「きれいな絵を描くことしか頭にない」ケースが多いです。こういう考えかたのせいで本来の絵の描きかたと少しずれてしまって、「応用が利かない、似たような絵しか描けない」というハプニングが起こります(普通は起こり得ないこと!)。

 

具体的な対策は。

・好きなキャラクターを描かない。

・顔はあとから描く。

・生き物以外を描く。

ですね。

 好きなキャラクター描きたいですよね。ていうかそれ以外描きたくないと思いますw でも嫌いなキャラクターを描けと言ってるわけじゃなく、おすすめは「好きでも嫌いでもないキャラクター」です。そういうキャラクターに対して描いてるときに特に感情はいだきませんよね? 絵だけに集中できるんです。そのキャラクターの「顔」は、「胴体」「手」「足」「服」、これらを描くときと同じなんです。別に「こういう表情をしてほしい」というのはないでしょう? 理想がないから今の作業にだけ集中できるんです。「顔だけ特別扱い」なんてしないんです。むしろそれがいいんです。それが秘訣(ひけつ)です。それを続ければ、どんなキャラクターでもまた違った「愛情」が出てきます。「もっと個性をつけたい」「もっと生き生きさせたい」っていう。そういう愛もまた絵には必要なんじゃないかなと。

 そのほかの項目も同じ原理ですね。「意識しすぎない」ためのものです。いろんなものに挑戦してみると、意外な発見もあるもんですよ。

 

 ひとそれぞれやりかたがあると思うのでふわっとしか言えませんが、わたしは最近こんな感じにやってます。先入観? を捨てて一度客観的に考えてみたら違うと思いますよ。では!